むち打ちの症状判断と後遺障害等級|所沢市にある交通事故専門士がいる整骨院

  • 交通事故のことでお困りの方は、まずはご相談ください

    0429216611

  • 監修者紹介

    ネットワーク

お役立ちコラム

むち打ちの症状判断と後遺障害等級

交通事故治療 

こんにちは、なかじま整骨院です。

 

交通事故に遭うと「むち打ち」になりますよね!

 

なぜ、むち打ちになるのか?

 

「むち打ち」の定義は

衝撃によって、過伸展、過屈曲、過伸展になり

軟部組織(筋肉、靭帯)を痛めてしまいます。

※軟部組織とは、皆さんが言う「筋(すじ)」

 

この現象で「むち打ち」になります。

 

では、「むち打ち」は治るのか?

むち打ちは、正直、治ると思います。

が、、、、、、

「むち打ち」って皆さんの自覚症状だと

痛みによっての可動域制限もありますが

「重たい」「怠い」「肩がはる」「肩がこる」など

日常生活でも起こりえる症状に近いという事です。

 

日常生活でも症状がでる症状ですので

交通事故なのか日常生活によってなるものなのか?

ここの境目の判断が非常に難しくなっていきます。

 

事故直後や1ヶ月程度でしたら判断が付きやすいケースもありますが

数か月経つと段々判断が難しくなります。

まして、普段から肩こりがある人などは

普段の肩こりなのか?交通事故によるものなのか?

 

もちろん、可動域制限や動かすことによって痛みのある人は

判断しやすいですが・・・・

 

では、この重たい感じなど日常生活におこりえる症状に近い人は

いったいどのように判断すればよいでしょうか?

むち打ちの症状の判断

上記にも記載した通り

数か月経ったむち打ちの判断法は

 

「事故前の症状と事故後の症状の比較」です。

 

これは、当院でもよくお伝えするのですが

事故前の肩こり、重たい感じなど普段からあった人は

事故後、症状がきつくなったかどうか?

細かく聞きます。

 

なぜなら、事故での症状も月日が経つと

分からなくなってくるからです。

特に、普段から肩こりがあった人は特に!!

 

例えば、5段階評価で

事故前の症状が、1だとした時、事故後はいくつなのか?

 

この評価で事故前の症状か、事故後の症状か?

少しは評価しやすくなります。

 

また、保険会社にも症状が残っているのか?残っていないのか?

自信をもって話すことが出来ます。

 

もちろん、事故前より身体がより改善することが望ましいですが

保険会社は

事故前からの肩こりじゃないんですか?

と疑って誘導尋問してきます。

 

患者さんは

そうなのかな?と思い込んでしまいます。

 

ですので、評価は非常に大事になってきます。

 

むち打ちで後遺症障害の等級はでるのか?

「むち打ち」での後遺症障害と判断されるケースは

年々厳しくなってきていると思います。

 

お医者さんで、後遺症障害の診断書は

書いてもらえますが、

むち打ちによる後遺症障害と判断するのは

別の機関になり医者が下すものではありませんので

後遺症障害の診断書を書いて貰っても

等級が付くかどうかは別の話です。

まとめ

「むち打ち」は時間が経つと

事故の症状か日常生活の症状か判断が

分かりずらくなるので

事故直後~数日の症状をしっかりメモなどしておくと

わかりやすいと思います。

 

何かありましたら

所沢市 なかじま整骨院

04-2921-6611

交通事故に関するお悩みは、交通事故専門士がいる『なかじま整骨院』へ

当院では問診をちゃんと時間をかけてすることにより、痛みの原因・身体・骨盤のズレの原因と治療法、日常生活での心がけなどを分かりやすく説明します。患者様、一人ひとりにあった施術・治療を提供させていただきます。

また、交通事故のスペシャリストでもあり、弁護士・整形外科・損保会社・自動車会社・板金会社・行政書士・社労士とも提携していますので、交通事故にお困りの方も安心して治療を受けることが出来ます。お困りの際はご相談ください。

交通事故のことでお困りの方は、まずはご相談ください

0429216611

整骨院 なかじま整骨院 概要

【住所】
〒359-1145
埼玉県所沢市山口1129-1 テルミハイム101

【TEL】
04-2921-6611
平日 8:30~20:00 / 土曜日 18:00まで(定休日: 日・祝)

詳しい案内はこちら

ページトップへ戻る